とくしまSDGs未来会議

「とくしまSDGs未来会議」 設立趣意書

近年急速に進む気候変動や環境汚染、紛争や社会不安による貧困問題、労働者の人権問題など、今私たちは国や人種、イデオロギーの違いを超えて、解決をしなければならない大きな課題に直面しています。
2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」には、「誰一人取り残さない」という考えのもと、現代世代の幸福追求とともに将来世代の希望の光を決して絶やすことのない持続可能な開発のために、17のゴールと169のターゲットが示されました。徳島県においても、倫理的消費(エシカル消費)の取り組み先進県として、「消費者市民社会」の構築に向けて、行政や経済界、民間団体、教育機関などが積極的に活動を展開しています。
 そこで、私たちは、自らの行動が地域や国、また世代を超えて社会経済や地球環境に影響を及ぼすことを自覚し、愛する徳島を、そして日本、地球を、誇りをもって将来世代に引き継いでいくために何ができるのか、何をしなければならないのかを、SDGsを学ぶことで明確にしたいと考えました。そのためには、SDGsを軸として、性別、世代、職業、立場、組織などの壁を打ち破り、多様な主体が自由に学び合い、語り合い、参加できるプラットフォームが必要となります。
 この度、徳島の地からSDGsを自分のこととして考え、仲間とネットワークを拡げ、ライフワークへと深化させるために「とくしまSDGs未来会議」を設立いたしました。私たち一人一人の行動は、「ハチドリのひとしずく」に過ぎないかもしれません。けれども、「誰一人取り残さない」ために、他の誰でもない「私自身」が、SDGsの17のドアを開き、足を一歩前に踏み出すことが大切だと考えます。
 
「とくしまSDGs未来会議」は、新しい時代の幕開けの時に、徳島から未来を創る力を発信してまいります。
発足にあたり代表からのメッセージ
加渡 いづみ 氏
四国大学短期大学部 教授

この度、教育機関や企業関係者、地域社会で活動を展開している民間団体から16名が発起人となり、「とくしまSDGs未来会議」を設立いたしました。

地方における人口減少や少子高齢化には未だ歯止めがかからず、地域コミュニティの希薄化が社会の中で影を落としています。けれども、私たちには、長い歴史の営みの中で受け継いできた愛する故郷と誇りある地域の宝があります。そして、今生きている私たちが胸を張って将来の世代にこの社会を引き継いでいくために、一人一人がSDGsを「自分ごと」として受け止め、一歩前に踏み出すことが求められているのです。

誰かに任せておこう、私一人の力ではどうにもならない、そう思う前にまずSDGsの17ゴールの中で、どれか気になるドアを開いてみませんか。SDGsは、これから私たちが目指す社会への道標ともいえるものです。正解もありません。何よりも、主役は私たち一人ひとりなのです。

 

私たちの毎日の行動、例えば買い物をすること、食事をすること、電気を使うこと、車に乗ること、これらはすべて「誰か」や「どこか」、そして「未来」とつながっています。それは、まだ会ったことない「誰か」かもしれません。まだ行ったことのない「どこか」かもしれません。もしかしたら、自分では見ることのできない「未来」かもしれません。けれども、SDGsが目指す2030年の私たちの町や世界を想像しながら、今自分にできることを一緒にバックキャスティングして考えてみましょう。

「ハチドリのひとしずく」の物語の最後、森はどのようになったのかは語られていません。そこには、「結論は、これからの行動で変えることができる」というメッセージが込められていると感じています。

このとくしまSDGs未来会議は、SDGsを学び合い語り合うプラットフォームとして、新しい時代の幕開けとともに徳島から未来を変える原動力となってまいります。

メディア掲載情報





とくしまSDGs未来会議発足メンバー紹介

人口がすでに70億を超え、地球は「人新世」という新たな時代を迎えています。SDGsは、人類自身をも含めて、地球上に存在する様々な生き物の生存を左右する種として、これから取り組むべき課題を具体的に示してくれていると私は捉えています。

四国ESD活動支援センター 
センター長 近森 憲助

泊健一
8年前経営に苦しんでいたときペーパーレスに出会い、「環境に良いことは経済的合理性がある。」ことを体感しました。それ以降カーボンオフセット、徳島県の委託事業「省エネクレジット」や地域振興のクラウドファンディングを行っております。日証協はSDGsを推進しており、徳島でもお役に立ちたいと思っております。
徳島合同証券株式会社
代表取締役社長 泊 健一
持続可能な未来に向けてSDGsを学び、皆様と議論することでSDGsの取組を推進させるために、この会議へ参加しました。概念として学ぶに留めるのではなく、実務に落とし込んだ場合の課題を共有し、社内においても検討していきたいと考えております。
株式会社ときわ
代表取締役社長 高畑 富士子
生態学・生態系管理論の立場から、生物多様性や生態系の保全・再生に関する研究・提言を行ってきています。グリーンインフラとしての生態系を永続的に活用していくための仕組みを考え、SDGsの達成をめざしたいと思います。
徳島大学大学院社会産業理工学研究部 
教授  鎌田 磨人
機動力ある阿波人財の皆さまと繋がる素晴らしい機会をいただき、大変嬉しく存じます。大いに学び、持続可能な地球と社会のためにできることを、少しずつ具体的な形にしてゆければと思います。
鳴門教育大学
坂本 有芳准教授
この度理事に就任致しました㈱日誠産業、亀谷です。当社は古紙リサイクル事業を通して、循環型社会形成を微力ながら推進しております。SDGsを通じ、誰一人として取り残さないエシカルな社会の実現に邁進致しますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
株式会社日誠産業
営業部長 亀谷 寿長
見えている「モノ」だけでなく、その背景にある「コト」に目を向け、人・動物・自然に優しい選択を心掛けています。過去と他人は変えられないけど、自分と未来は変えられる!決して他人事じゃない。徳島から共に未来を変えていこう!未来の子どもたちのために
喜多機械産業株式会社
常務取締役営業本部長 喜多 真一
立場を越えた繋がりが円滑になることで、 "8 働きがいも経済成長も" を目指しています。 一緒に考えるところから始め、誰もが少しずつ コミュニケーション力を高めることで "エシカル消費→SDGs→ESG経営" を目指しています。
一般社団法人働く女性のサポートセンターWoman's heart
代表理事 安達和美
㈱ネオビエントの藍原理津子です。当社は「徳島から元気な未来を創る」を理念に掲げ、施設運営やイベント事業を行っています。徳島が笑顔と希望であふれる、真の意味での「豊かな土地」になることを願い、皆様と一緒にSDGsをしっかり学びます。宜しくお願いします。
株式会社ネオビエント
代表取締役 藍原 理津子
私が所属する全国社会保険労務士会連合会は、2018年4月に「国連グローバル・コンパクト」に署名しました。国連グローバル・コンパクトはSDGsを推進しています。一市民として社労士として徳島の未来のためにSDGsに取り組んでいきたいと思います。
徳島県社会保険労務士会
会長 米澤 和美
性別や世代、国籍、職業…違っているからこそ、「誰一人取り残さない」社会を築くためにできることがいっぱいあるはず!いっしょに学んで見つけて行動していきましょう!
公益財団法人徳島県労働者福祉協議会
常務理事 兼松 文子
(株)キョーエイグループの(株)共通開発です。インショップ型の産直市「すきとく市」を運営しております。徳島県内31店舗、関西方面76店舗で販売し、供給面では授産施設に袋詰め等を協力して頂き、売上増進に繋がっています。また、(株)キョーエイでは、資源ごみの回収する「ハッピーエコプラザ」、独自のフードバンク、マイバック運動などを行っています。
株式会社共通開発
取締役営業部長 小久見 正人
私は40年間の会社勤務を終え、2016年から専業主婦になりました。「名もなき家事」に翻弄されながら、今まで助けて下さった人々に感謝の日々です。 SDGs達成に向けて、1人ひとりが他を思いやることの大切さや活動のヒントを勉強できればと思います。
徳島大学薬友会
会長 鳥取 桂
人と人が助け合う、慈しみあう、当たり前のことが当たり前になれる世の中になれればいいな。「ハチドリのひとしずく」のように少しずつ少しずつ「自分のできること」をやっていこうと思います。
公益財団法人徳島県勤労者福祉
ネットワーク
常務理事 川原 佳子
少子高齢化に伴う労働人口不足は待った無しです。企業、行政、市民が手を取り合って地域を育む。それぞれの立場でできるとこをする。着実に一歩ずつ。皆さまと共に考え、手を動かしていきたいと思います。
テレワークセンター徳島
センター長 清瀬 由香
生態学・生態系管理論の立場から、生物多様性や生態系の保全・再生に関する研究・提言を行ってきています。グリーンインフラとしての生態系を永続的に活用していくための仕組みを考え、SDGsの達成をめざしたいと思います。
徳島大学大学院社会産業理工学研究部 
教授  鎌田 磨人
ご入会のお申し込みはこちらのフォーム(Googleフォーム)からお進みください。

Facebookからも発信中

#とくしまSDGs未来会議

SDGsモーニングセミナー
日 時:9月20日(金)8:30〜9:30
場 所:徳島合同証券会議室(徳島市中通町3丁目5−1)
駐車場:周辺のコインパーキングをご利用ください(合同証券駐車場の利用はご遠慮ください)
参加費:500円(エシカル調達のコーヒーと焼きたてのベーグル付き)
ミニ講義:金融とSDGs 
講師:徳島合同証券株式会社 代表取締役 泊 健一氏
アクティブラーニング:世界がもし100人の村だったら vol.1
*準備の都合上、9月17日17時までにお申し込みください。
モーニングセミナーのお申し込みはこちらからお願いします
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信